スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

最後の授業~ぼくの命があるうちに~

IMG_9007.jpg

先日、近所の図書館で借りた本です。

タイトルからして、てっきり末期がん患者による闘病記だと思っていたのですが、読み始めると全く違いました。

まず、「最後の授業」とは、ペンシルベニア州にあるカーネギー・メロン大学で、「もし自分が死ぬ事が分かっていたら」という仮定のもとに行われる特別講義です。講師たちがもしその状況に置かれた場合、自分が死ぬ前に一番伝えたいことをテーマにするそうです。

この本の著者、ランディ・パウシュ教授もこの講義を行った一人だったのですが、一つだけ違っていたのは、彼は末期のすい臓がんで、本当に死に直面していたということ。

そして、肝心の内容ですが、前述の通り彼の闘病記ではなく、テーマは「Really Achieving Your Childhood Dreams (子供時代に抱いた夢の実現)」でした。

彼が子供の頃抱いた夢は何だったか。そして、彼はそれをどうやって実現したかについて、本当にユーモアたっぷりに語られています。

教授が亡くなった今でも講義をインターネットで見ることが出来るのですが、この本は講義の内容に加えて、講義の中で語られなかったこと、また、その後について書かれています。

この本について何に感銘を受けたかというと、とにかく彼がポジティブなこと。

この講義を行った時点で、既に余命3か月から6か月と宣告されていたそうですが、そんなことを微塵も感じさせないほど、明るさを体中から発散させています。

講義の初めでも、「絶望感でいっぱいの顔をした病人が出てくることを期待していた人、期待を裏切って申し訳ない」とか何とか言って、自分が今どれだけ元気であるかを見せるために腕立て伏せを始めたり。

また、「僕はとにかく楽しまずにはいられない。死に行く身分である今も、色んなことを楽しんでいる」と言っていますが、それがいかに本当であるか、講義からも、この本からもわかります。

ただ、本を読むと、その裏ではやはり、愛する妻や子供たちを置いて死んでいかなければならないことに涙する日々もあったようです。

特に、彼がどれだけ家族を愛していたかには、本当に胸を打たれます。

彼の講義のテーマの一つが「頭のフェイント」なのですが、頭のフェイントとは、簡単に言えば、シンプルなことを学んでいるように見える状況において、実はもっと深いことを学んでいるということです。

例えば、ハイスクールのフットボール選手が、練習においてフットボールの技術を学んでいるだけのように見えるけど、実はそれ以上に大切なもの、一度決めたら貫くこと、忍耐力、またはチームワークなどを学んでいるというように。

講義の最後に、「Did you figure out the second head fake? This talk's not for you. It's for my kids.(この講義における二つ目の頭のフェイントはわかりましたか?それは、この講義はあなた方のために行ったのではない。これは、私の子供たちのためのものです)」とさらっと言ってのけて講壇を降りるのですが、その瞬間にはもう涙が出てきてしまいました。

子供たちが育っていくのをその目で見ながら、教えていきたいことはいっぱいあったはず。でも、それが叶わないから、今自分が教えられること全てを子供たちに残しておきたい。その想いがいやでも伝わってきました。

日本語の字幕がついている講義のビデオのリンクを貼っておきますが、英語がわかる方は、ぜひぜひ英語で聞くことに集中してほしいです。

日本語訳の本も全然悪くはなかったのですが、何箇所か彼のユーモアがうまく伝わってこなかったところがあるように思いました。ビデオを見て初めて、「あ、ここ笑えるところだったんだ!」と思ったところが何度かあったので。

ユーモアは彼の講義においてとても大切な要素なので、できればそれを余すところなく楽しんでほしいです。

病気で末期の状態にあることを宣告された人が書いた本は、日常生活の中で忘れがちな、シンプルだけど大切な事を思い出させてくれることが多いので、好きなジャンルではあるのですが、特にこれは私にとって、本当に出会ってよかったと思える本でした。

ランディ・パウシュ「最後の授業」



(全部で9つのビデオに分かれていますが、一つ目を見終わったら、次のビデオへのリンクが出てきます。)

スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ついに我が家にやってきた!

何がかと言うと、こちら。

IMG_8823.jpg

ヤマハの電子ピアノ、クラビノーバです。

はるか大昔にピアノのレッスンは辞めたものの、今でもたま~にやってくるピアノを弾きたくなる衝動。つい最近も、また弾きたいな~と思っていたところ、先週末お邪魔させていただいた友達が持っていたのがクラビノーバ。

ちょっと音を出させてもらったり、どんな機能がついているのか見せてもらったりしているうちに、前から何となく持っていたピアノが欲しいという気持ちにすっかり拍車がかかってしまい、早速翌日には楽器屋さん、ピアノ屋さん巡りを開始。

色々見て回っているうちに思ったのが、やっぱりクラビノーバが音、鍵盤の感触共に、一番本物のピアノに近いんじゃないかということ。

ヤマハの別の種類の電子ピアノも試してみたのですが、微妙に音が違うような気がしました。

というわけで、オレゴン、ワシントン州において唯一クラビノーバを取り扱っているというピアノ屋さんで、その日のうちに予約すれば表示価格より約400ドルほど安くなるということだったので、とりあえず仮の売買契約を結ぶことに。

それでも、単なる趣味のために費やしたい額の金額をはるかに超えていたので、家に帰ってから、誰か中古を売ってる人がいないかな~とネットで探してみました。

そしたら、これがいたんです、今はもう製造されていないモデルだったけど、クラビノーバを売っている人が!

しかも、うちからそう遠くない所だったので、問い合わせの返事をもらい次第見せてもらいに行くと、音に何の問題もないし、機能によってはピアノ屋さんで見た今現在作られているモデルよりも使いやすい。

こうして、念願のクラビノーバをこんなに早く、しかもお店で売っているのより1000ドル近く安くで手に入れることができました。

早速主人が組み立ててくれて、弾いてみたのですが、かな~り久しぶりだったので、ほんのちょっと弾いたら、手が痛くなってしまいました ^_^;

でも、趣味があるって、本当にいい。何て言うか、生活に張りが出てきたような気がします。

昔習ってた時は、どうしてもやらされてる感があったし、レッスンを辞めてからも時々は弾いてはいたものの、せっかく親が高いお金を出して買ってくれたピアノを全く弾かないのは悪いという気持ちからだったりで、純粋に楽しんではいなかったような気がします。

もちろん、弾くことは好きだったのですが、どうしてもいつもどこかに「弾かなきゃいけない」という強迫観念があったんですよね。

でも、今回は自分のお金で買ったピアノ。いつ、どんな風に弾くのも、また、弾かないのも自分の自由。

昔とは全く違う気持ちでピアノを弾くことを楽しめそうで、わくわくしています。

それと、クラビノーバにはよく知られているピアノ曲50曲が内臓されていて、また、その楽譜もいっしょについてきます。

弾くことにちょっと疲れたら、この内臓されている曲を聴きながら、その曲の楽譜を読んだり。いつか、これを弾けるようになるといいな~とうっとりしながらの譜面読みも、また楽しい。

もちろん、そういうひとときはワインを片手に、です

IMG_8827.jpg

ある程度指が感覚を取り戻してきたら、ずっと昔から弾いてみたかった曲に挑戦してみようと思います。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

元気のもと

仕事でも私生活でもかなり忙しい日々が続いており、気がついたら1月もあと少しで終わり。ついこの前お正月迎えたばかりだと思ったんですけどね・・・。ぼーっとしてると今年もあっという間に終わってしまうかも。

色んなことで忙殺されて、ブログの更新もかなり間があいてしまいました。 ^_^;

そんな忙しい日々の中で、最近仕事中に私を癒してくれているのがこれ。

Copy of IMG_3475

ロクシタンのハンドクリームです。先日鹿児島から遊びに来た友達を連れてロクシタンのお店に行った時に試して以来、その香りにとりこになってしまいました。

私が「ほんっとにいい香りだね~。」と言っていたら、これを大量買いした友達が、「お世話になったから。」と一つ置いていってくれました。

このハンドクリーム、とてもさらっとしているので、手がかなり乾燥してしまう私からすると、多分ニュートロジーナとかのハンドクリームの方が保湿力は上だと思うのですが、とにかく香りが本当にいい!

いつもバッグに忍ばせておいて、毎朝仕事につくとまずこれを手に塗ります。そして、仕事にちょっと疲れたりした時に手の香りを嗅いでいます。はたから見たらちょっとあやしいやつかも・・・。^_^;

でも、ほんとにいい香りなんですよね。嗅いだ瞬間、「あ~、いい香り~。」と気分が落ち着きます。

4月の製品のリリースに向けて仕事はますます忙しくなる一方で、おまけに3月の帰省に向けて、しばらくスローダウンする暇はなさそうです。そんな少しだけストレスフルな日々の中で、香りものはちょっとした癒しの瞬間をくれますね。アロマセラピーが人気があるのがわかる気がします。

ハンドクリームを半端なく消費する私にとって値段的にはちょっとお高めだけど、とりあえず毎日仕事は頑張ってるので、そんな自分へのご褒美としてなくなったらまた買いに行こうと思っています。

こういう買い物や、たまに会う友達との時間、一番最近では先日のタイレストランでのガールズトーク(acoさん、Spiceさん、そしてけーごんさん、楽しかったよ。ありがとねー!例によって食事が運ばれてきた瞬間、食べることに気をとられてきれいさっぱり写真を撮ることを忘れていたため、記事にできないのがほんとに残念!)、そして主人と飲むちょっといいワインなどなど、たまにするほんのちょっとした贅沢が、私にとって仕事を続けていく活力のもとになっています。



ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

いっしょにワイン

クリスマスの次の日の午後は、またさらに少し雪がちらついたのですが、夫婦でchochoさんのお宅にお招きいただき、二人でいそいそと出かけてきました。

chochoさんも私も大のワイン好きということがわかって以来、「いつかいっしょにワインを飲もうね。」と言い合っていて、少し前にchochoさんが「この日はどう?」と日にちを提案して下さり、実現しました。

この日はうちもそうだったけど、chochoさんのお宅の周りもまだだいぶ雪が残っていて、主人と二人、「まだいっぱい残ってるね~。寒いね~。」と言いながら、車を停めたところから歩いていくと、窓辺にとても素敵なクリスマスツリーが飾ってあるおうちが見えてきて、すぐにそこがchochoさんのお宅だとわかりました。

窓の外に、雪で滑らないように気をつけながらえっちら、おっちらと歩く私たちの姿を見つけて下さったchochoさんのご主人がすぐにドアを開けて下さり、中に招き入れてくださりました。

すると、そこには外の冷たい空気とはうってかわって、とてもあたたかな空間がありました。

chochoさんのお宅は以前にもおじゃましたことがあって、その時にも感じたことなのですが、とにかく本当に居心地がいい。それがクリスマスともなると、chochoさんが用意して下さったクリスマス用のテーブルセッティングも加わり、それはもう本当に暖かくて素敵な空間が出来上がっていました。

IMG_3291.jpg

以前chochoさんご夫妻が訪れたセーラムのワイナリーで買ってきたというワインを早速開けて下さり、乾杯。chochoさんが作って下さったチーズフォンデュも本当においしくて、ワインがどんどんすすみました。

それに、みんなで会話が弾んで、すごく楽しかった!大好きなワインをchochoさんといっしょに飲める機会が、楽しくないはずがない!と思ってはいたけど、予想以上に楽しくなった夜でした。chochoさんのご主人がこれまたお話上手で、うちの主人もすっかりリラックスして、男同士の会話をすごく楽しんでたし。

でも、やっぱり一番嬉しかったのは、chochoさんと久しぶりにゆっくり話ができて、彼女という人をもっと良く知ることができたこと。二人でおしゃべりをしているうちに、彼女のまっすぐな人柄が今まで以上に見えてきて、こんなに素敵な人と知り合えた自分をますます幸運に思いました。

本当に楽しい時間を設けてくれたうえにこんなに可愛いクリスマスプレゼントまで用意してくれたchochoさんに感謝、感激の夜でした。

IMG_3347.jpg

chochoさん、ほんとに楽しい時間をありがとう!次は手巻きでワインだね!

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

愛すべきヴィーズラたち

私がサンクスギビングでペンデルトンに行く時に、楽しみにしていることがもう一つあります。それは、ジョンとお義母さんが飼ってる二匹の犬たちに会うこと。

こちらがマックス。

IMG_2901.jpg

これがジャスパー。

IMG_2916.jpg

二匹ともヴィーズラという種類の猟犬で、もともとはハンガリーから来ているそうです。どちらも3歳くらいの雄で、今年はだいぶ性格も落ち着いてきていたようだけど、去年くらいまでは私達がペンデルトンに着いた夜、ドアをノックしただけで吠えまくってすごかった・・・。

さらに、私達が家に入る前に、まずお義母さんが二匹の首根っこをがっちり押さえて、それから「入って来ていいわよ!」と言ってくれてから、家に入らなければなりませんでした。なぜなら、二人とも見知らぬ人間が入って来ると、興奮して飛び掛ることがあったから。

特にマックスは、「君はか?」というくらい大きいので、彼に飛び掛られると大人でもふらついてしまいます。なので、まず自分たちの匂いを覚えさせないといけなかったんですよね。

それに、ペンデルトンに着いた次の朝は、必ず主人に最初にドアを開けてもらわなければなりませんでした。なぜかというと、「かちゃっ」という音を聞いたとたん、廊下の向こうから二匹して、「おっはよー!!」と駆け寄ってきて、さらに、「どーん!!」と体当たりしてくるから。主人は、一度それを受けて、「ごん☆」と壁に頭をぶつけたこともあります・・・・。

今年はもうそれをしなくなっていたので、嬉しいような、ちょっと淋しいような・・・・。

ちなみに、マックスは子犬の時から並外れて大きかったので、マックスという名前を最初に聞いた時に、「ああ、大きいからマックスなのね。」と思ったのですが、そんな単純なものではなかった。彼の本名は「マクシミリアン」なんだそうです。

「なんか、貴族みたいな名前だね~。」と私が言うと、お義母さんが「息子の名前の候補の一つだったのよ~。」ですと・・・・。下手をすれば、うちの主人の名前はマクシミリアンだったかもしれないのね・・・・・ ^_^;。

一方でジャスパーのあだ名は、「プリンス」。その理由の一つは、彼は純血中の純血だから。マックスも一応血統書つきのヴィーズラだけど、でもあの大きさは、ジョンが言うにはまじりっけないヴィーズラのものではなく、きっとどこかで別の犬のDNAが入ってるとのこと。

それに比べてジャスパーは、サイズ、毛並み、体の特徴、どれを取っても純血のヴィーズラで、それに先祖代々さかのぼっていったら、全部純血のヴィーズラだということが証明できたのだとか。

それだけじゃなくて、あんな大きい体してやりたい放題のマックスに比べて、どこかはめを外せないジャスパー。いわゆる「正統派」なんです。

マックスがこんなことしてる時も、

IMG_2994.jpg

(お義母さんの上に座ってます・・・。あ、あんた、ママが大好きなのわかるけど、自分、確か体重40kg・・・・・

ジャスパーはうちの主人の側できちっと座ってたり。

IMG_2870.jpg

それでも時には、二匹そろって元気いっぱい。去年に比べてかなりおとなしくなってはいたけど、やっぱり私も何度かは飛び上がられ、

IMG_2887.jpg

その後、「ちょ、ちょっと、座っていいかな・・・・ ^_^;。」と座ると、「おお、そっから動くなよ♪」と両側から挟まれ・・・・・

IMG_3004.jpg

相変わらずはちゃめちゃなこの二匹。でも、やっぱり可愛かった 犬も人間同様それぞれ性格があって、一匹、一匹ふるまい方が違う。それに、踏みつけられようが、飛びかかられようが、しっぽをふりふりしながらあの可愛い目で見上げられると、めろめろになりますね。

IMG_2834.jpg

仕事中心で、自分たち以外の生き物の世話なんて考えられない毎日だけど、ちょっとだけ「犬のいる生活もいいかも・・・・。」なんて思ってしまいました。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。