スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

妹との時間

私にとって、今回の帰省のハイライトはやっぱり、妹といっしょに過ごせた時間。

サンフランシスコから関西空港に着くと、妹夫婦が出迎えてくれました。帰省前の忙しすぎた日々の中で、私が楽しみに楽しみに待っていた瞬間でした。そこからの2日間は、本当に楽しかった。

まず、彼女たちの新居に着いて一息ついた後、妹が準備をしてくれた夕食。私のリクエストでお鍋でした。長時間のフライトの後は、こういう野菜いっぱいのお鍋が、私は一番いいですね。

IMG_3679.jpg

このお鍋といっしょにに妹が出してくれた甘酢漬け、本当においしかった~。

「こ、これは、犬の餌?!」というくらいまずかった機内食を味わった後、ちょうどさっぱりしたものを食べたいと思っていた時だったので、かなり嬉しかったと同時に、ちょっとびっくりしました。「こういう物が食べたい!」と切に思っていて、その通りの食事でもてなしてもらえるって、そうそうある経験じゃないんじゃないかな。

そして2日目は、かつお節を使ってしっかりとっただしで作ってくれた筑前煮。それに散らし寿司、などなど。

IMG_3692.jpg

それと、大好きな焼酎も。

IMG_3678.jpg

私にとって、これ以上ないというくらいのご馳走でした このおいしい食事を、妹と妹の旦那さんといっしょに、たくさんおしゃべりしながら食べたあの夜のこの上なく楽しかった時間、その全部を今でもはっきりと覚えています。

今回は、この後彼女が鹿児島にも帰ってきてくれて、本当に久しぶりに二人だけでウォーキングしたり、ちょっと鹿児島市内まで出かけたり、温泉に行ったりすることができました。

普段私がこちらにいる時も、毎週電話で話しているのですが、何が良かったかというと、妹がすぐそこにいて、話したいことを思いついた時に、すぐ話せるということ。特に何か重要なことを話してるというわけでもないんです。大半は本当に他愛もない話。

でも、そんな他愛もないおしゃべりをコーヒーやお酒を片手に、だらだらとできる時間が本当に幸せでした。そして、くだらない冗談を言い合って、笑いあったり。あとは、いっしょにどこかに行ったり、おいしいものをいっしょに食べたり、とにかく久しぶりに同じ時間と空間を妹と共有できることが、本当に嬉しかった。

私が鹿児島で就職した3年後だったかな、やはり就職で大阪に行った彼女。最初は2、3年したら鹿児島に帰ってくる予定で、いつか鹿児島でいっしょに住むのが二人の夢だったのですが、今度は私がアメリカへ。

そのうち、お互いに人生のパートナーを見つけて彼女はそのまま大阪に、私はアメリカに残り今に至るわけで、結局私たちの夢は叶いませんでした。今となっては、妹と私の物理的な距離はかなり離れてしまったけど、でも、彼女が私にとって一番近い存在であることに変わりはありません。

今回二人して鹿児島にいる間は、ケンカもしてしまってちょっと落ち込んだけど、まあでも、姉妹だから、たまにはそれもアリかなと思います。それに、この歳になって掛け値のない本音でケンカができる相手って、ある意味貴重だと思うし。

それに、私がたまに驚くほど大人になった彼女のおかげで、今回もうまく仲直りできました。長い間、「私にもお姉ちゃんがいたらな~。」と思っていたのですが、今ではたまに彼女の方が姉なんじゃないかって思うほど、私にとっては頼りになる存在でもあります。

次に会えるのは、多分9月。今から楽しみに、その日までのカウントダウンをしています。

これで日本滞在記は終わりですが、今回の帰省でつくづく感じたこと、それを表現するには、英語でよく使われるこのフレーズがぴったりです。

There is no place like home.

まさにその通りだと思います。

おまけ

妹たちのマンションの近くで、こんなものを見つけました。

IMG_3681.jpg

その案内の先には、

IMG_3684.jpg

さすが、大阪。おもしろいものを見せてもらいました(笑)。

スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

友達との時間

私の帰省の楽しみの一つは、旧友たちと過ごせる時間。

彼女たちと連絡をとるといえば、お正月とお互いの誕生日にメールをし合うくらい。それと、私が帰る時に、「帰る日が決まったよー!」とメールすると、「待ってるよー!」と返事が来るくらいかな。

お互いが1年のうちに何を経験して、何を思ってるかなんてほとんど全く話すこともないのですが、1年に1度私が帰ると、みんなでぱっと集まってくれて、必ず楽しい時間が過ごせます。

まず、年末にポートランドに来たK子といっしょに、必ず泊まりで会いに行くTちゃん。可愛い元気盛りの男の子が二人いて忙しいだろうにもかかわらず、いつも「泊まりにおいで~。」と言ってくれます。今回もみんなでお鍋をしました。

IMG_3795.jpg

そして、K子とTちゃんと同じく毎年会いに行くMちゃん。今回は、私の方からうまく連絡がとれず、会えないかもな~と思っていたところ、K子とTちゃん二人のおかげで、最後の最後にいつも家を提供してくれる姉御肌のMちゃん宅で、みんなで集まることができました。。

Mちゃん同様、「今回は会えなかったか~。」と思っていたHも、何とこの日、私がMちゃん宅に着いて彼女や、同じく早めに着いていたK子と楽しくおしゃべりしていると、「特別ゲストだよ~!」と言って、入ってきました。これは、ほんとに嬉しいサプライズだったな~。

みんなが集まったこの日の朝、たまたまHからMちゃんに電話があり、「ながこってもうアメリカに帰っちゃったかな?」と聞くと、「ちょうど、今日遊びに来るとこなのよー!みんなで集まるのよ!あんたもおいで!」ということになったのだとか。

実はこのメンバー、高校に入学した時に同じクラスになり、入学当初は席が名簿順だったので、たまたま隣同士や前後に座っていた面々。当時からどちらかというともの静かな方だったK子は、今でもよくしゃべるHやMちゃんのことを、「何てうるさい人たち・・・・・。」と思っていたそう(笑)。

2年になって、このうち何人かは別のクラスになったりしたけど、廊下や部活などで会えばもちろんしゃべる間柄。でも、私たちがこんなに仲よくなったのは、高校を卒業して、H以外はみんな同じ短大に進んでから。

お互いのアパートも近距離だったので、たまに次の日の講義は午後から、なんて時には夜中になってから、「遊びに来ていい?」なんてよくやってました。それに、みんなでよく1泊で旅行したり、日帰りで遠出したり。

あまりにも頻繁に集まって遊んでいたので、短大時代のMちゃんのバイト先の男友達からは、「そんなにしょっちゅうみんなで集まれるなんて、みんな彼氏いないってことだよね。ということは、みんな揃ってブスなんじゃない?ブス連合会だね。」なんて、ありがたくない名前までつけてもらったり(笑)。

みんなの名誉のために言っておきますが、私はともかく、他のみんなは外見も性格も極上の美人さん揃いですよ

でも、私たちはその名前が気に入ったので、いつも予定がいっぱいのMちゃんのカレンダーには今でも、「ブス連キャンプ」とか、「ブス連飲み会」とかよく書かれてます。

おととし建てられたMちゃん宅のお座敷で撮ったこの写真も、今年でもう2枚目。これからも、ここで撮った写真が増えていくといいなと思います。

IMG_3830.jpg

それと今回は、予期せぬ旧友との再会がありました。

ある日、いつものようにウォーキングをしていると、「ながこちゃん!?」と名前を呼ばれ、「こんなところで、私の名前を呼ぶのは、誰だ?!」と思い、振り向くと、そこには幼なじみのKちゃんがニコニコしながら車から顔を覗かせていました。

「サングラスかけてたのに、よく私だってわかったね~。」と言うと、「こんな時間にこんな所を歩いている人がいるなんて珍しいな~と思って、ぼーっと見てたら、急に、もしかして、ながこちゃん、帰ってきてるんじゃ?!となぜか思いついたのよ~。」と笑ってました。

早速会う約束をして、これまた鹿児島を発つ直前に、遊びに行ってきました。お互いの実家もすぐ目と鼻の先のKちゃん。物心ついた時にはもう友達でした。

最後に会ったのは5年前。私が帰省していることを聞いて、電話をくれて、会うことができました。

その後も私は毎年帰省してはいたのですが、翌年の帰省は母の手術や入院で忙しかったり、その後は主人を連れて帰るようになったため、今まで以上に予定が立てにくくなったりで、また連絡がとれずにいました。なので、今回のこの偶然には、本当に感謝しています。

5年も会っていなかったのに、やっぱりそこは幼なじみ、普段しょっちゅう会っているかのように彼女とのおしゃべりを楽しむことができ、つい他の女友達にはあまり話さないようなことまでおしゃべりしてしまいました。

あっという間に時間が過ぎて、帰ろうとすると、「ちょっと待って。プレゼントがあるの。」と言って、別の部屋から彼女が取り出してきてくれたのが、これ。

IMG_3826.jpg

「ながこちゃんがまだ鹿児島にいたころ、1度アパートに遊びに行ったことがあったでしょ。その時、待ち合わせした後、ながこちゃんのアパートに向かう途中で、ながこちゃんが部屋に飾るために花を買ってたことがあったじゃない。あの時、ほんとに花が好きなんだな~って思ったのを覚えてたから。」と言って渡してくれた、春の色の花がたくさん詰まった大きなブーケ。胸がいっぱいになりました。

1年に1度しか会えないけど、いつもいつも私を暖かく迎えてくれる友人たち。私にとって宝物です。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

鹿児島の食べ物

今回の帰省では、鹿児島のおいしい食べ物を思う存分食べてきました。

まず、鹿児島といえば、やっぱりこれ。

IMG_3763.jpg

とんこつラーメンでしょう。本場の味は、最高でした!3週間の滞在中、5回くらいは食べに行ったかな(笑)。

いくつかラーメン屋さんに行ったけど、総合的に見て一番好きだったのは、鹿児島では知っていらっしゃる方も多いでしょう、「くろいわラーメン」です。ちょっと細目のもやしがたっぷりとトッピングしてあって、それがまたシャキシャキとしてておいしいんですよね~。。

それと、帰省中に何度か全国放送のテレビ番組で紹介されていた、「豚とろラーメン」もなかなかおいしかったです。あっさりしたかつおだしのラーメンも食べに行ってみたけど、個人的にはやっぱりとんこつラーメンが好きでした。

次に、きびなごのお刺身。

IMG_3821.jpg

家族が食べ始めてからあわてて撮った写真なので、ちょっと汚くてすみません・・・・^_^;

でも、すっごくおいしかった!去年帰ったときは、まだ時期じゃなくて食べれなかったので、今回はぜひとも食べたいな~と思っていたら、ある日の夕食に母が買ってきてくれて、お刺身にしてくれました。

酢味噌につけて食べるのですが、口の中でとろけるようなおいしさで、焼酎のお湯割りといっしょに食べた時には、もう、天国でしたね(笑)。

それから、近所の人が「採れるよ!」と教えてくれて、両親と3人で掘りに行った貝。

IMG_3834.jpg

これ、正式名称はわからないのですが、うちの近所では「きりげ」と呼んでいます。「け」というのは、鹿児島弁で貝のことです。子供の頃はこの貝が大量に採れていたのですが、ここ数年ほとんど目にすることはなかったので、張り切って2日も貝掘りに行ってしまいました(笑)。

そして、これまたちょうど旬だったたけのこといっしょに、おつくりにしてみました。

IMG_3843.jpg

これも酢味噌で食べたのですが、貝はそのままでも充分おいしかったです。

それから、これは鹿児島に限った食べ物ではないけど、母の家庭菜園でおもしろいくらい収穫できたスナップえんどう。

IMG_3802.jpg

その名前を聞いたのも初めてだったし、もちろん食べたのも初めて。絹さやをもうちょっと厚くしたような感じ、と言ったらいいでしょうか。熱いお湯でさっとゆでただけのシンプルな食べ方が、野菜そのものの味が濃厚にして一番おいしかったです。

この他にも、写真は撮らなかったけど鹿児島の地鶏の刺身や、これまた鹿児島の黒豚を使ったとんかつ、何年かぶりに食べたクリームコロッケ、母が私の帰省に合わせてついてくれたお餅、はたまた地元のお菓子屋さんが日に限られた数しか作らないジャンボサイズなシュークリームなどなど、おいしいもの盛りだくさんな日々でした。

あ、もちろん、お寿司も食べましたよ。一皿105円の回転寿司でも、鹿児島は魚が新鮮だからでしょうか、こちらで食べるお寿司よりはるかにおいしかったです。

これだけおいしいものをたくさん食べて、体に余分なお肉がつかないはずがありません(笑)。案の定、ぷよぷよになった体を引きずりながら、ポートランドに戻ってきました

来年の帰省までに、「食べても太らない体」をつくることが、目下の目標です・・・・。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

Automated memory leak detection tool for plugin environments

NOTE: This is the English translation of the article that I wrote in Japanese here.

Our team is developing a system that has a plugin architecture, kind of like Eclipse. Each plugin that is loaded has its own ClassLoader.

If that plugin is uninstalled and the plugin's classloader cannot be garbage collected, then there is a memory leak. Failure to garbage collect a plugin's classloader can be caused by a dangling reference to any single object loaded by that classloader or the classloader itself. As a result, debugging the cause of this can be very time consuming and difficult to figure out.

It would be nice to have a tool to tell us when this type of memory leak has been introduced. One way the tool would work would be to unload that plugin and check to see if that plugin's classloader is still in memory. So the question is, how do we create such a tool? Then, how can we leverage it in order to minimize the pain of debugging the memory leak?

CREATING THE TOOL:

There are a few options out there for looking for memory leaks. However, we'd like to pick the right one.

Using a tool like JProfiler isn't quite right, since we want to write an automated tool for this.

Using programmatic tools for performing heap dumps (like JVMTI) are a little too heavy, since we
have to deal with loading and reading very large files.

What would be nice is to have a tool which scans memory looking for the objects we're interested in. Enter Insane, which has an API that will allow us to do exactly that. Insane will allow us to write a tool that will scan the JVM heap for any hard references to plugin classloaders.

HOW TO USE THE TOOL:

With the tool described above, it should be possible to write a test which shuts down a plugin and then checks if the plugin's classloader is still in memory. If so, then there is a memory leak as previously mentioned.

You can then have a continuous integration tool like CruiseControl run that tool every time a change is committed to the source code. If done, the tool will run every time a change is made to the system.

In the case the test fails, you'll be able to quickly narrow down the set of changes that caused the leak, This will especially be the case if you're using a tool like CruiseControl which lists the code changes that could have caused the failure!

From there, you have a few options, depending on your development process:

* If the set changes is small, developers can quickly code review the changes that caused the leak.
* Someone can use a profiling tool like JProfiler to diagnose the memory leak.
* For the sake of product stability, the changes can be reverted in order to get rid of whatever caused the leak. Then, a developer can fix the leak on his local machine and then re-introduced the changes plus the fix.

How to obtain the Insane library

1. Go to the following site to download the zip file:
http://updates.netbeans.org/netbeans/updates/6.0/uc/final/beta/modules/org-netbeans-insane.nbm
(When you use Firefox, you'll notice that the file extension is .nbm. Save the file as it is and change the file extension to .zip. When you are using IE, the file extension is .zip.)

2. You will find the file named "org-netbeans-insane.jar" in the netbeans/modules/ folder.

3. The following website shows how to use the insane library: http://performance.netbeans.org/insane/

4. The main class you will want to look at is ScannerUtils.java, and DemoScanner.java shows you how you can utilize ScannerUtils.java.


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

桜の谷

今回の帰省でよかったことの一つは、満開の桜を見れたこと。

IMG_3745.jpg

4月は日本人にとっては「新しい始まり」の季節。そして、桜は、「また新たに頑張ろう!」という気持ちに拍車をかけてくれるような気がします。

この3月、教員である私の兄が転勤になり、ちょうど帰省していた私は2日間に渡って引越しを手伝ってきました。2日目、引越し作業もだいぶ落ち着いたとき、兄の引越し先のすぐ近くに桜の名所があるということなので、行ってきました。

IMG_3754.jpg

ここは鹿児島県いちき串木野市にある観音ヶ池「市民の森」というところで、約1000本のソメイヨシノやヤマザクラが植えられているとか。ちょっとした谷状になっているところも満開の桜で覆われていて、まさに「桜の谷」という形容がぴったりでした。

IMG_3740.jpg

池の周りにも桜が咲いていて、本当にきれいだったのですが、

IMG_3746.jpg

兄と二人だけでこんなところをずっと歩くのも嫌だったので(後で話したら、お互い、「何でここにいるのがコイツなんだ・・・・・。」と思っていたことがわかりました(笑)。)、そちらまでは行きませんでしたが、桜を眺めながら、池の周りをゆっくり散策するのも楽しいと思います。

次回はぜひ、主人と二人だけで行きたいものです(笑)。


観音ヶ池「市民の森」
鹿児島県いちき串木野市湊町1247-3


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

海辺のカフェ

今回この橋のたもとに見つけたのは、海のすぐ側にあるcafe aobaという名前の、とても居心地のいいカフェ。

IMG_3807.jpg

2年近く前だったかな、ここのオーナーさんのブログを偶然見つけてから、いつか行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行けずにいました。

今回ようやく行くことができたのですが、あんなにいいカフェが、実家のあんな近くに出来ていたなんて、ちっとも知りませんでした。「もっと早く来ればよかったー!」と何度も思ってしまったくらい素敵なカフェでした。ちょっとした可愛い洋服や雑貨、キャンドルなども売っています。

中に入ってみると、全体的にそんなに広くはないのですが、とにかく趣味のいい雑貨や小物があちこちにちりばめられていて、本当に居心地のいい空間が出来上がっています。




IMG_3815.jpg

IMG_3813.jpg

IMG_4.jpg

IMG_3.jpg

葉っぱ一枚でも、こんなに素敵なインテリアになる。そのアイデアとセンスに脱帽です。

IMG_3808.jpg

窓際の席に座らせていただき、窓の外に広がる海を眺めながら、おいしいコーヒーやお茶で、ほんとにほっとできる時間を過ごすことができました。

IMG_3812.jpg

今回は父と妹と3人で行ったのですが、次回は一人でも来ようと思っています。みんなでおしゃべりしながら飲むコーヒーもおいしかったけど、一人でゆっくり海を眺めたり、好きな本を読んだりしながらお茶をいただく時間も、ここだとすごく楽しそうです。

オーナーさんとも少し話をさせていただいたのですが、ご自身もとても素敵な方でした。帰り際に、先日行われたイベントにいらしたお客様方に配られた花の苗がたくさん余っているから、好きなだけ持って行って下さいとおっしゃって下さいました。

花好き一家ですので(笑)、お言葉に甘えてたくさんいただいて帰り、早速父が庭先に植えていました。

機会があったら、ぜひぜひ訪れてみて下さい。素敵なひとときを過ごせること、間違いなしです。

IMG_3817.jpg

Cafe aoba

住所: 鹿児島県南さつま市加世田高橋1934-108
電話: 0993-53-6816

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

私の散歩道

鹿児島に帰省した時はいつも、時間の許す限り、毎日ウォーキングをするようにしています。でないと、鹿児島はおいしい食べ物が多すぎるので、絶対に太りすぎちゃうんですよね・・・・。

私が行くウォーキングのコースは毎年同じ。幼い頃から見慣れた山や川、畑、そして海をゆっくり眺めながら歩いていけるこのコースは、私の大のお気に入りです。今では主人のお気に入りでもありますね(笑)。

今回は途中で桜の花を見ることができました。

IMG_3695.jpg

まだこの時は3月だったけど、暖かかったせいか、もう満開。それと初めて見る光景だったのですが、この桜の木にはアゲハチョウがたくさん群がっていました。

桜の木を通り過ぎ、ずっと歩いて行ってこの川までたどり着くと、

IMG_3702.jpg

後は川沿いに歩行者と自転車しか通れない道が出来ています。ここを歩いている間は、ずっとすぐ頭上でうぐいすの大合唱が聞こえていました。「これぞ、春!」って感じです。

東シナ海が見えてくるこの地点を通り過ぎて、

IMG_3705.jpg

このカーブを曲がると、

IMG_3706.jpg

この川の河口付近にかかっているこの橋が見えてきます。

IMG_3708.jpg

天気のいい日には、この橋の上から何時間でも海を眺めていられる気がします。

IMG_3713.jpg

IMG_3716.jpg

この橋を渡り終わったところで引き返して帰ってくるのが、私のいつもの散歩ルートなのですが、これで大体1時間くらいのウォーキングになります。

そして、ここでUターンした時に視界に入ってくるこの山。

IMG_3715.jpg

これを見るたびに、「ああ、帰ってきたんだ~。」と実感がわいて、とても嬉しい気分になります。

ここに住んでた時は当たり前のようにしか思ってなかった風景ですが、鹿児島を離れてから初めて、こんなに自然がきれいな所で生まれ育った自分は本当に幸せ者だったんだと、帰省してここに来る度に思うようになりました。

さて、今回は、この橋のたもとで嬉しい発見がありました。それは・・・・・・。


次回に続きます。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

鹿児島での日々

IMG_3801.jpg

今週火曜日に鹿児島からポートランドに戻ってきました。水曜日から早速仕事だったのですが、時差ぼけのため、朝4時から仕事してました(笑)。

鹿児島で過ごした3週間を振り返ってみると、色んなことがあってかなり忙しかったけど、やっぱり楽しかった。帰ることができる故郷、実家があるっていいものだと心からそう思います。

今回は主人抜きで帰ったので、両親とゆっくり話す機会もたくさん持てたし、それに妹とも最初に大阪でいっしょに過ごし、そしてその後、鹿児島にも帰ってきてくれたのでゆっくりといっしょの時間を過ごすことができました。

血の気が多い家族なので(笑)、ちょっとケンカもしてしまいましたが、それでもやっぱり久しぶりに揃った家族で過ごした時間は、本当にかけがえのないものでした。

それに、鹿児島にいる友人たちとも最高の時間を持つことができました。

私が帰省するたびに、必ず集まってくれるみんな。その中の二人とは連絡がうまくいかず、今度は会えないかもな~と思っていたけど、みんなのおかげでちゃんと会えて、今まで以上に楽しい時間を過ごすことができました。

1年ちょっとほとんど連絡もとってなかったのに、会えば話が弾む、弾む。もう20年も友達でいてくれるみんなと、本当に思い出に残る時間を過ごしました。

今回帰省して感じたのは、自分がいかに気分転換を必要としていたかということと、いかにそれに気がついていなかったかということ。

日常生活の中でちょこちょこと息抜きをしているつもりでいたのですが、ここ最近かなり忙しい日が続いていて、さらに色んなことが起きていたせいか、全く息抜きになっていなく、かなりテンパッていたことに気がつきました。時には日常からの思い切った脱出も必要ですね。

そうして、かなりすっきりした頭で、今後のことを色々と考えることができました。

というわけで、これからほんの少しだけ、鹿児島(&ちょっとだけ大阪も)滞在記、おつきあい下さい。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。