スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ダウンタウン飲み歩き

今週は相変わらずどんよりした天気が続いていたポートランドですが、先週末は金曜日と土曜日、とてもいい天気でした。

しかも、うちの会社は金曜日が休みだったため、三連休!

となれば、一日くらいは飲み歩きしよう!ということになり、今回はまず主人が以前に仕事で行って良かったというHigginsというレストランに行ってきました。

IMG_8584.jpg

中は、バーがこんな感じで、

IMG_8594.jpg

ダイニングエリアはこんな感じです。

IMG_8610.jpg

バーの方は、ちょっとレトロな雰囲気をかもし出していて、私は好きでした。

ハッピーアワーの食事のメニューは、全部で4品。

IMG_8602.jpg

私たちが一番おいしかったと思ったのは、左側の写真、鴨のレバーパテ($7)です。濃厚な味がまだ舌に残るうちに飲むビールが、これまたおいしかった!

後の三つは、右の写真の左上から時計回りに、Brandade cake($4.50)、鴨の手羽先のコンフィ($7)、Figatteliと呼ばれるソーセージと杏のコンポート($6)です。

Brandade cakeはコロッケそのものだったのですが、Brandadeを調べてみると、「塩漬けのたらとオリーブオイルを混ぜたもの」となっているのですが、そうだったのでしょうか?正直見た目も味も、つぶしたじゃがいものようにしか思えませんでした ^_^; いずれにせよ、とてもおいしかったです。

他のものも全部ビールによく合っておいしかったのですが、杏のコンポートだけは、まずかった!何だかものすごく強烈なスパイスを使っていて、これがまた杏と合ってないんです!

でも、それ以外は全部おいしかったので、次はぜひともディナーに来ようと思います。

ここでひとときおいしいビールと軽い食事を楽しんだ後は、天気も良かったし、まだ明るかったので、しばらくダウンタウンを散策。

IMG_8638.jpg

そして、次に向かったのはこちら。

IMG_8643.jpg

ちょっと写真がぼけてしまいましたが、Bailey's Taproomというバーです。このバーでは、常に20種類の生ビールを用意しているのだとか。中はこんな感じです。

IMG_8646.jpg

ただ、ここは本当にビールを飲むのが目的のようなバーで、実は、食べ物も出しているのかちょっとわかりませんでした。私たちは既にお腹いっぱいだったので最初からビールしか注文するつもりはなかったのですが、周りを見回しても、食べ物を頼んでいたテーブルはなかったように思います。

食べ物を全くないということはないのでしょうけど、多分ほんの少ししか置いてないのかなと思いました。

なので、ここはディナーの予約をしてあるけど、ちょっとその前にここに寄って一杯軽く飲んでいく、という感じで利用してもいいかもと思います。

そして、最後に行った所は、残念ながら写真がうまく撮れなかったのですが、21st アベニューにあるBasta's Trattoria & Barというレストラン。

私たちが着いた時は多分夜の10時を過ぎていたと思うのですが、ここのハッピーアワーは夕方5時から夜の11時までやっているらしく、最後に軽く食べて飲んで帰ることに。

お店の雰囲気もすごく良かったし、ハッピーアワーのメニューも値段、味、両方において良かったのですが、一つ難を言えば、この日のサービスがあまり良くなかったかな。

まあでも、違う人だったらもっといいサービスが受けられるかもしれないので、ここも次回はディナーに行ってみたいと思います。

とこんな感じで、仕事のことや転職活動のことを忘れて、久しぶりにポートランドのダウンタウンを思う存分楽しんだ金曜日の午後でした。

IMG_8583.jpg


Higgins Restaurant & Bar
1239 SW Broadway
Portland OR 97205
Phone: 503.222.9070

スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

九州新幹線~全線開業のコマーシャル

北海道出身のお友達、Mさんが九州新幹線全線開通のコマーシャル、それも特別編や総集編など色んなバージョンが載っているページのリンクを送ってくれたので、こちらでもご紹介しようと思います。

http://www.shuku9.com/cm.html

こんな時だからでしょうか、キャッチコピーの「九州が、ひとつになる」とか、コマーシャルの中で流れる「あの日、手を振ってくれてありがとう。一つになってくれてありがとう」という言葉を聞くと、なぜか涙がじわっと浮かんでしまいます。

長年慣れ親しんだ風景がたくさん映し出されているのを見て、ほっとすると同時に、日頃常に抱いている「鹿児島に帰りたい」という気持ちが、ますます強くなってしまいました。

とてもいいコマーシャルに仕上がっていると思うし、これを見たMさんが、「九州新幹線、私も乗りに行きたいです」と言ってくれたのが、九州出身者としてはとても嬉しかった。

このコマーシャルだったら、多くの方々にMさんと同じように感じてもらえるんじゃないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

めまぐるしい日々

ここのところ、かなりばたばたと毎日を過ごしているのですが、その主な理由は二つ。

一つは、主人が転職したこと。これは我が家に結構大きなライフスタイルの変化をもたらし、いまいち新しい習慣に慣れきっていない私は、毎日何となく落ち着かない気分です。

もう一つの理由は、自分も転職活動を始めたこと。

つい最近履歴書を一つの転職サイトに載せたばかりなのですが、有難いことにすぐさま次の日からリクルーター達から電話がかかってくるようになりました。

これは、自分でもちょっとびっくりでした。なぜなら、大学を卒業したばかりの頃は、経験不足のために最初の就職先を獲得するのに本当に苦労したから。

どの仕事の募集要項を見ても、「どれどれの分野で○年以上の経験があること」と、必要な経験年数をはっきり述べてある場合が多かったので、最初の就職先さえ見つかって、後は仕事をしながら普通に経験を積んでいけばこの業界で生きていけるとわかっていたのですが、その業界への最初の一歩を踏み入れるのは、本当に大変でした。

履歴書を送った企業も、数知れず。

その後、何とか最初の就職口を見つけ、自分なりに技術や経験を積んできたのですが、それでも、まさか向こうからお誘いが来るなんて状態、自分には考えられませんでした。

この業界ではるかに私の先を行っている主人が転職活動をした時は、それはもう毎日色んなリクルーターから電話やメールがひっきりなしに来ていました。

仕事の合間や家に帰ってきてからあたふたとリクルーターたちに応対している彼を、「いいな~」と横目でうらやましく見ていたのですが、まさか、自分にも同じようなことが起きるなんて、ちょっと不思議な気分です。

まあ、電話やメールの数は、アーキテクトである彼にははるかに及びませんが

実は、会社の外だけではなく、内にも目を向けていて、もう既に他のチームで空きが出たポジションの面接を一つ受けてきました。

ただ、うちの会社にはあるルールがあって、それは他のチームでの面接を受ける前に、その旨を自分の現上司に伝えなければなりません。なので、私の上司は、私が今のチームを辞めたがっていることを知っているわけです。

なのに、なのにですよ。

昨日の夕方、上司が、「ながこ、ちょっと僕のオフィスに来てくれる?」とのこと。

「何か悪いことしたかな?」なんて思いながら、彼のオフィスに行くと、「実は、一、二ヶ月ほど前に支社長から全チームのマネージャーに、チームで一番貢献していると思われる人の名前を提出するようにお達しがあってね・・・」と始まり、よくよく話を聞いてみると、何とこの度、私にまとまった数の自社株をくれるとのこと!

とは言っても、会社もバカではないので、何の条件もなくこういうものをくれるはずもなく、「君の今までの貢献を称えてこれだけの株を上げるけど、これからもどんどん会社に貢献してくれたまえ」ということで、この株はこれから三年の間に渡って少しずつ取り引きが出来るようになります。

つまり、この株をもらっても、最初の1年は私は何もすることは出来ないのです。

1年経ったら3分の1を売買出来るようになり、2年後にはまたさらに3分の1、そして3年後に最後の3分の1が完全に自分のものになります。また、その前に会社を去ってしまうと、この株は自分のものではなくなります。

転職活動を始めて、早速他社に履歴書を送った日に自社株をどんと貰うなんて、なんかすごいタイミングだなと思いました

しかも、上司から、「ね、君がチームを去ることを考えてる間に、僕はちゃんと君の貢献を認識し、名前を推薦しておいたんだよ」なんて、ちくっとイヤミも言われる始末。ま、当然と言えば当然ですが ^_^; 

でも、そこはさらっと無視して、「本当に嬉しいです!マネージャー、どうもありがとう~☆」と笑顔で彼のオフィスを後にしました

素直に有難いし、申し訳なかったなとは思うのですが、私からすれば、「遅いんだよね」と思わないこともないし。

でも、この株、配当金もあるし、決して持ってて損になるものではないので、まあ、そんなに焦って転職しなくてもいいかな、なんて気になってきてることも否めません。

それでも、今回転職活動を始めて本当に良かったと思ったことが一つあります。

それは、今この業界でどんなスキルが求められているかよくわかったこと。

ほとんどの会社が、オートメーション・テストの作成や、また、テスト以外でも色んな作業のオートメーション化に力を入れているらしく、そのためにPythonに熟練している人を欲しがっているようです。

ある会社では、Pythonでスクリプトを書いた経験が何年もある人を募集していても、なかなか条件に匹敵する人が見つからず、Pythonにおいてはジュニアレベルの人でもいいと妥協せざるを得ない状況だとか。

ポートランド周辺で仕事を探しているソフトウェアエンジニアやQAエンジニアの皆さま、ぜひともPythonを習得することを強く、強くお薦めします。私も今、急いで本を読みながら、勉強中です。

プログラミング言語を一つでも知っていれば、後は主にデータ構造とシンタックスの違いを把握すればいいだけなので、さほど難しくはないのですが、やっぱり時間はかかりますよね。まあでも、一番難しいのは、どんなプログラムを書くか、を考えることなんじゃないでしょうか。

とまあ、こんな感じで、時間的にも気分的にもせわしない毎日を送っているのですが、今あちこちできれいに咲きほこっている桜や、ちょっと前に買ってきて、ピークを過ぎてしまったものの、まだまだ鮮やかなピンク色でうちのリビングを華やかな雰囲気にしてくれているラナンキュラスなどの春の花たちに元気をもらいながら、何とかやっています。

IMG_8563.jpg


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

華道展

今週は、あまりいい一週間ではありませんでした。

同じ会社に5年も勤めていると、さすがに仕事にも人にもすっかり慣れてきて、とりたてて大変な思いをすることはそうないのですが、それでもたまに、ほんの少し「むっ」とさせられることはあります。

今週は、その小さい嫌なことが立て続けに起きてしまった週でした。

そのせいか心身共にちょっと疲れ気味なので、今日は私自身が元気になれるように、好きな花の話です。

鹿児島に帰省している間、長く生け花を習っている友人と華道展に行ってきました。

IMG_8481.jpg

私も花は大好きでたまに買ってはくるものの、そのままずぼっと花瓶に活けるだけ。そんな生け花に関してはど素人の私にとって生け花と言えば、

IMG_8484.jpg

こんな感じくらいにしか思っていなかったのですが、会場にはそれはそれは色んな作品がありました。

IMG_8479.jpg

中には縦横それぞれ3mはあろうかという作品も。松や杉の枝を使った作品もありました。

それと、友人が教えてくれたのたですが、生け花と言えば剣山を使うだけだと思っていたのですが、中には木の枝が分かれている部分、つまり又になっているところを剣山の変わりに使うこともあるのだとか。

また、同じ花でも違う生け方をすることによって、花が全然違う表情を見せてくれたり。

生け花って、思っていたよりもずっと奥が深いんですね。

とてもとても私のような無精者には出来ないなとひたすら感心しながら会場を回っていると、わりとカジュアル(?)な作品を飾っているコーナーもありました。

IMG_8489.jpg

これくらいだったら、家でも真似できるかも?

IMG_8492.jpg

上から見ても、すごく素敵でした。

IMG_8493.jpg

季節柄、いつも行くスーパーにも色んな種類の花がどんどん出回ってきているようです。明日買い物に出たついでに春の花を買ってきて、新しい一週間を乗り切れるようパワーをもらうことにします


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。