スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

Back to Whitebox (面接、そして転職)

ハワイに行った前の週、主人は一人で別の州にあるふるさとに帰郷していました。

彼はその直前にある会社から転職の誘いを受けていて、休暇中だったにも関わらずその会社からのたってのお願いで帰郷中に電話面接を何度か受けて、その結果、その会社に転職することが決まりました。

内定を受けたのが帰郷先から帰る直前、そして、今度はハワイに行く直前だったので、彼はハワイ滞在中も新しい勤務先と連絡を取ったりで、ちょっと忙しくなってしまったのですが。

実はちょうど同じ頃、同じ会社から私にもアプローチがありました。

とは言え、私は約5ヶ月前に今のチームに移ったばかりで、もちろん転職なんて考えてもいなかったので、リクルーターからのメールをしばらくは無視していました。

でも、主人が転職を決めたのを聞いて、私も話くらいは聞いてみようかなと思ったんです。募集していたポジションが自分が以前やっていたホワイトボックスエンジニアだったからでしょうか。

そこで、アプローチしてきたリクルーターからのメールに対して、「今転職を考えているわけではないけど、ホワイトボックスエンジニアの仕事には常に興味があるので、とりあえず募集要項を送ってもらえますか?」と返事を書きました。

すぐさまリクルーターから募集要項が送られてきたのですが、仕事内容を見てちょっとびっくり。以前私がしていた仕事とほぼ同じだったんです。

私が前のチームを去ることを決めた理由の一つは、ホワイトボックスエンジニアとして重ねていた知識や経験がよそで役に立つかどうか、不安になったから。

ホワイトボックスエンジニアにとって、携わっているソフトウェアのコードを読めることが仕事の第一条件。なので、私も常に6人から7人のプログラマーによって生み出されるコードを学ぶのに必死でした。

でも、当たり前ですが、そのコードの知識はそのチームでしか通用しない。

それを考え出したら、この先どこに行っても通用するようなスキルや経験を自分はちゃんと積んでいるのか、不安になったんです。

もちろん自分なりにテストに使える様々なツールの使い方を習得したり、時には自分で書いたりする機会を大事にし、色んな問題を自分で解決していける姿勢は身につける努力はしました。でも、仕事の大半はやっぱりそのチームで開発されているコードに関するものばかり。

なので、思い切って半年ほど前に転職活動を始めて、同じ社内だけど全く違う製品を開発している今のチームに、今度はソフトウェアエンジニアとして移ったわけですが、今回この会社から送られてきた募集要項や仕事内容を見てみると、「ほとんどやったことある、出来る!」と思えるものばかりだったんです。

というわけで、転職するかどうかはともかく、話をもう少し進めてみようと思ったのですが、その前に一つだけクリアーにしなければならないのが、私と主人の関係。

早速ハワイに着いた初日に、リクルーターに「今日正式にオファーを受けたMは、実は私の夫なのですが、問題はありますか?」とメールを出したところ、彼から、「え~!そうなの~!?全然知らなかったよ~!世間は狭いね~!え、君は今頃はハワイのビーチを楽しんでるはずじゃないの?」と驚きの様子で始まったメールが返ってきました。

肝心の件については、どちらかがどちらかの上司になったり、二人そろって同じ上司のもとで働かない限り問題はないとのこと。

ハワイから帰り次第、リクルーターに履歴書を送ると、二日後にまず彼と電話面接。

その時に、このポジションの年収はいくらか聞いてみたら、今の私の年収よりはるかに、はるかに多い!

でも、実はこれまでの私の年収が低すぎたのです。それは、半年前に転職活動をしていた時にコンタクトしてきたリクルーターの一人にもはっきり言われていました。

「これだけの経験年数とスキルがあるのに、たったそれだけしかもらってないの?!それ、年収低すぎだよ~」とびっくりされてしまいました。

その時は「そうなんですよね~。何とかして下さい」と返事をしたのですが。

これは、やっと経験に見合った年収をもらえるチャンスかも!と、ここから私も本気モードに。

そして、次の日にはこのポジションの上司となる人と電話面接がありました。

未来の上司(?)との電話面接での感触は良かったらしく、一週間後に会社に出向いての面接が行われることに。

そうと決まれば、やることは一つ。「地獄の模擬面接」です。

私はとにかく面接というものが苦手。それをよく知っている主人も、毎回私が面接を受けなければいけない時には協力してくれて、面接官になり切って模擬面接をしてくれます。

彼自身がソフトウェアエンジニアなので、技術的なことから開発プロセスに関することまで、いつも幅広く、しかもびしばしと難題な質問を浴びせかけてくれるのですが、今回も、「本番がかなり簡単に思えるようにしてあげるよ ( ̄ー ̄)ニヤリッ」と言ってくれました ^_^;

日本で私が経験した就職の面接と言えば、どちらかと言うと質疑応答のような感じが多かったのですが、こちらではとにかく会話を成り立たせることが基本。

私自身もこれまでに何度か他人を面接をする立場を経験して思ったのですが、とにかく「この人となら一緒に仕事が出来そう」と思わせることが大事です。

極端に言えば、募集要項に載っていることの一つや二つのことが出来なくても、「この人なら自分で習得できるだろう。少しくらい経験が足りなくても、この人をチームに迎え入れたい」と思わせることが出来ればしめたもの。

それと、面接は受ける側にとっても、その会社の人々を逆に面接できる大事な機会。なので、受ける方も色々と質問を用意していくので、必然的に会話が成り立つはず、というか、そうでなければならないのです。

でも、こちらの大学を卒業した当時の私は、とにかく面接というだけで緊張してがちがちになってしまい、会話どころか一つでも答えられない質問があると、そこで、「えーと・・・・」とつまづいてしまう始末。

今でもその傾向が強いので、とにかく練習したのは、質問に対して何でもいいからとにかく反応すること。

自分がやったことない、わからないことでも、「う~ん、それは残念ながら私はまだ経験がないのですが、それはどういったことに使うのか、よろしければ教えていただけますか?それをこのチームでは使っているのですか?」と逆に質問にするというテクニックも習得。

模擬面接をしている途中で、自分がいまいち完全に把握出来ていないことやうまく説明出来ないことがあったら、主人に簡単な講義をしてもらったり。

さらに今回は、以前私のチームのリーダーだった人のお宅にもお邪魔して、彼にも模擬面接をしてもらいました。

とこんな感じで、とにかく一週間みっちり「地獄の模擬面接」を第4弾くらいまでやったかな。しかも、もちろん毎日仕事から帰ってからだったので、私にとってはかなり体力的にも精神的にも消耗した一週間でしたが、主人もかなり疲れてしまったよう。

面接の日直前の週末はどちらもこれにかかりっきりだったため、彼も全く休めなかったのはさすがにちょっとこたえたようで、「次の時には、せめて募集要項に載ってることくらいは、ちゃんと自分で説明出来るようになってくれ」なんて言われてしまいました・・・

まあ当然ですね。その一週間は、ほとんど夕食も作らなかったし。

そんなこんなで迎えた面接の日。

合計7人との個別面接だったのですが、前述の通り一週間みっちりやった「地獄の模擬面接」のおかげで、多少「ああ言えばよかった、こう言えばよかった」と思ったところはあったものの、終わった後、自分では結構いい出来だったんじゃないかと思えました。

面接が終わってオフィスを後にしてすぐ主人に報告の電話をしたら、彼がすぐに会いに出て来てくれたのですが、私の姿を見て開口一番、「このポジションに関して、行き違いがあったみたいだね」とのこと。

何のことか聞いてみると、面接官の一人であった彼の上司が、自分が面接する番のちょっと前に彼のところに来て、「このポジション、エンジニア的な仕事は3分の1くらいで、後はマネージャー的な仕事をしないといけないんだけど、彼女それ知ってるの?彼女の履歴書を見ると、どうもそう思えないんだけど」と聞いてきたとか。

それに対して、主人は「いや、知らないですね~・・・・」と。

そう、私がもらった募集要項には、全くそんなことは書いてなかったんです。

その時点で、「あ~、なんだ、それじゃだめじゃん。有給返してよ・・・・」とちょっと恨めしく思ったのですが、ま、面接自体はいい経験だったし、自分がこれまでやってきたことを振り返るいい機会だったことには間違いないので、その日は主人と二人、ダウンタウンのバーでお疲れさま会をして帰りました。

とは言いつつも、やっぱり拒否されるというのは結構つらいものですよね。

かなり落ち込んだ気持ちでその週の週末を過ごしたのですが、月曜日になり、一応礼儀としてリクルーターに面接の機会を与えてくれたことに対してお礼のメールを書きました。

すると、「今君を面接したチームのみんなと話をしたんだけど、みんなの反応はかなり良かったよ。なので、あともう一度だけ電話面接を受けてくれるかな?」とのこと!

そうして臨んだ最終面接。

相手はこのポジションにつく人の上司の上司に当たる人で、何と彼女も以前はホワイトボックスエンジニアだったとのこと。おかげで、とても話が弾み、予定の30分をはるかに超えて1時間近く話し込んでしまいました。

電話面接を終えて、脇にじっとりとかいた汗を感じながらも「もしかして、いい結果が出るんじゃ?」と思っていたところ、その日の夕方リクルーターから電話がかかってきて、「君に決定したよ」とのことでした!

「早速年収の交渉に入りたいんだけど」と彼が言うので、即座に私の希望年収額を彼に伝えました。

このポジションでもらえる最高年収額から千ドルだけ引いた額を言い、「私はほぼ応募条件を満たしているし、それだけもらう資格が私にはあると思うので」とちょっと強気に言うと、リクルーターはあっさり、「オーケー。それじゃあ、明日かあさってには内定通知書を送れると思うので、それにサインして送り返してね」とのこと。

後でリクルーターとのこの会話を主人に言ったら、

主人:「え~!まじでそれ言ったの~?!」

私:「あんたがそう言えっつったんじゃん!」

主人:「いや、まじで言うとは思わなかった・・・・」

ですと。何なんだ・・・・・

まあ、何はともあれ、せっかく5ヶ月前に手に入れたソフトウェアエンジニアのポジションを捨て、またホワイトボックスエンジニアに戻ることになったわけですが、やっと経験に見合った年収をもらえるし、何よりプロジェクトも最近のソフトウェア開発のトレンドに沿ったものなので、大変なことも多々あるとは思うけど、楽しみです。

正式にオファーをもらった週の週末は、たまたま友達とハッピーアワーに出かける予定が入っていました。

IMG_9917.jpg

一つのことに精一杯の力を注いで、そして、いい結果が出せた後に飲むお酒は、最高においしかったです

IMG_9916.jpg


スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ハワイ滞在記 あれこれ

ハワイ滞在記はこれが最後ですが、今回は滞在中に思ったこと、気づいたことを記録しておこうと思います。

DSC01045.jpg


1.物価

話に聞いてはいたものの、ハワイの物価は高いですね~!

去年の年末から新年にかけて家族でハワイに行った友達が言うには全米にあるスーパー、セーフウェイも高いとのこと。その彼女が地元のスーパーマーケットを教えてくれていたのでとても助かったのですが、それでもオレゴンに比べたらびっくりするくらい高かった!

物にもよりますが、例えば、オレゴンだったら1斤1ドルちょっとで買えるパンが4ドルちょっとしたり、うちの近くのスーパーだと1個40セントのレモンが80セントしたり。

でも、2、3日したら、「まあ、こんなもんか」と慣れてくる自分がちょっとこわかったです・・・・ ^_^;


2.持って行って助かったもの

以前何度かハワイに来ている妹夫婦。その時はホテル滞在で、滞在中はずっと外食だったため、最後には胃が疲れてきたとのこと。

なので、今回は自炊が出来るようにとみんなでコンドを借りたのですが、前述の通り予想していたより物価が高かったので、思いつきで持って行った食料品が全て役に立ちました。

と言っても、私はそこまで大したものは準備出来なかったのですが、うちで余っていたコーヒー豆にコーヒーメーカー用のフィルター、オレゴン産のワインを2本、さらに、庭で採れたプチトマト。

プチトマトはハワイ行きのフライトの中で食べるつもりでジップロック一杯になるくらい収穫したのですが、結局フライト中はそんなにお腹が空かず、コンドに到着してから夕食のサラダに使ったりしました。

でも、やっぱり野菜もびっくりするくらいの値段だったので、助かりました。

私と違って気をきかせて色々と持ってきてくれたのが、うちの妹。中でもカレー粉は助かりました。中に入れる材料さえ現地で調達すれば、他に何の調味料もいらないわけですから。

それと、日本だとよく売っている「~の素」。キムチ鍋の素などに加えて、カルパッチョの素なんてものも持って来てくれました。

意外に役に立ったのが、インスタントのお味噌汁。キムチ鍋を作って、ちょっと味が薄いかなと思った時に役立ちました。


3.交通事情

やっぱり島だからでしょうか、オレゴンに比べて道路幅が狭く、まるで日本にいるような錯覚に落ちることもしばしば。場所によっては、高速道路での制限速度が35マイル(約56km)と言うのにもちょっとびっくり。

それと、世界有数の観光地だからしょうがないと言えばしょうがないのですが、やはりワイキキ周辺の道路はどこも混んでいることが多く、どこに行くにものろのろ運転。

さらにドライバーの中にも観光客で地理に慣れていない人が多いのか、いきなり割り込んできたりする車が多かったりして、ひやっとさせられることが結構ありました。

今回は運転はずっと主人がしてくれていたのですが、本当はノースショアやラニカイビーチ辺りにも足を延ばしたかったけど、せっかくのバケーションに運転で疲れさせるのもかわいそうなのでやめました。


4.ワイキキビーチ

時期にもよるのでしょうか、ワイキキビーチは思ったより波が荒い!

オレゴンの海は寒流なので、夏でも水が冷たすぎて泳げません。なので、今回の旅行で一番楽しみにしていたのは海で泳ぐことだったのですが、浮き輪でぷかぷか浮いていたら波の動きを体全体でモロに受け止めてしまったせいか、15分ほどで船酔い状態・・・

結局、ビーチに行く度に私は10分ほどで水から出るはめに。浮き輪やボディボードなどを使って浮いているよりは、いっそのこと中に潜ったりしていた方がまだましだったかも。

最後の方は、みんなが泳いでいる間、私は浜辺で読書でした ^_^; まあ、それはそれで楽しかったですが。

それともう一つ。

ビーチはもちろん砂浜なのですが、一旦水に入ると底辺の方は結構石がごろごろしていました。あまりにも石だらけだったので、私は結局ビーチサンダルのまま泳ぐことに。

中には、スキューバ・ダイビング用のシューズを履いて海に入ってる人もいましたが、あれはとってもいいアイデアだと思いました。

DSC01065.jpg


とまあ、こんな感じかな。最後にハワイには関係ないのですが、妹たちと過ごした時間について。

滞在中のある時に、妹がふと「子供の頃は、一日30円しかお小遣いもらえない家で育ったのに、今こうやって二人でハワイに来れたりしてるのが、何か不思議な感じがする」とぽろっと言ったのですが、実は私も全く同じことを思ってたんです。

何て言うか、小さい頃は一緒になって家の周辺を走り回って遊んでいた私たちも、大人になったんだなって。

それと、普段はどちらかと言うと人の話を聞く方が好きな性分な私ですが、旅行中は日本語の出来ない主人が少しでも会話の輪に入れるように、どんな小さな話でも頑張って訳をしていました。

それを見て妹が、「結構頑張ってしゃべってるよね」と。

何も言わなくても考えが通じる、自分のことをわかってくれる存在がいるって、本当にいいものです。

何年か前に見たテレビのドキュメンタリーで、なぜか今でも覚えているのが、80歳近い、少し腰の曲がったおばあさんが、新幹線や電車を乗り継いで、妹さんに会いに行こうとしているシーン。

たまたま母とその番組を見ていて、「私たちも将来はあんな風になるのかな」と私が言うと、自身は弟しかいない母から「お前たちはいいね~」と返ってきたのを覚えています。

私たちの場合、新幹線や電車の代わりに飛行機を乗り継がないと会えないところにいますが、幸いにして今のところ1年に1度、もしくは2度は会えるくらい身体的にも経済的にも元気。

出来れば将来は、せめて同じ大陸上に住んでいられるといいなと思いますが、そうでなかったら、少なくとも年に一度は飛行機を乗り継いで4人で集まれるくらい、ずっとみんなが元気でいられることが、今の私の願いかな。

DSC01033.jpg

(All photos by 義弟くん)


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ダイヤモンドヘッド

ハワイでもう一箇所、みんなが一致して行きたかったのがダイヤモンドヘッド。

ショッピングや飲みに行ったりするのもいいけれど、少しはハワイの自然も楽しまなきゃと張り切って登ってきました。

私たちは登山口まで車で行ったので、駐車料金(確か5ドルだったかな)を払って車を停めた後、早速そこから登山開始。頂上まで1時間かからなかったと思います。

この日も素晴らしい天気でした。

こちらは駐車場から見えるダイヤモンドヘッドの一部。

IMG_9757.jpg

その雄大な姿にしばし見とれた後、早速登山開始です。

IMG_9695.jpg

途中の登山道はこんな感じ。

DSC00938.jpg

しばらく登っていくと、これは下りの時に撮った写真ですが、階段が出てきて、

IMG_9731.jpg

その後、こういう洞窟を通り抜けて、

IMG_9732.jpg

さらにものすごく狭い螺旋階段を登って頂上にたどり着くと、素晴らしい景色が目の前に広がります。

DSC00925.jpg

DSC00926.jpg

DSC00924.jpg

(この頂上からの三枚の写真は、またしても義弟くんによるもの。果てしなく広がる景色をまさに私たちの目が見たまま、写真に残してくれたと思います。)

それにしても、やっぱりオレゴンに比べてハワイは湿度が高いですね。というか、とにかくオレゴンはかなり乾燥してるんだということを改めて実感しました。

オレゴンではどれだけ気温が上がって、そういう時にハイキングや運動をしても汗だくになるということはあまりなかったり、たとえ汗をかいてもすぐに乾いてしまいます。

でも、今回のこの登山で「滝のように流れ落ちる汗」をかなり久しぶりに体中で感じたかも。

そんなにきつい登山でもないし、頂上からの景色は本当にきれいなので、ワイキキの喧騒からちょっとだけ離れたい時にはお薦めです。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

パールハーバー

今回のハワイ旅行で、みんな行きたかったのがパールハーバー。言わずと知れた、70年前に日本海軍による真珠湾攻撃が行われた場所です。

IMG_9569.jpg
(戦艦ミズーリ)

IMG_9570.jpg
(戦艦アリゾナが沈んだ場所。そして、その跡に建てられた祈念館。ここへのツアーは無料です。)

IMG_9576.jpg

実を言えば、今でもここを訪れた時の気持ちを表現するのにぴったりの言葉が思いつきません。

この日は、私たちの滞在期間の中でも特に素晴らしい天気となった日でした。他の日に比べて湿度もそれほど高くなく、空は真っ青。そよそよと吹く風に白いプルメリアの花が優しく揺れていて。

目の前に広がる真珠湾も青々としていて、本当にとてもきれいな所でした。

でも、それとは裏腹に、ここにいる間ずっと胸の辺りが重かったのを、今でもよく覚えています。

70年前に私たちの祖先によりここで繰り広げられた悲劇を考えると、何て言うか、やっぱり肩身が狭いというか。はしゃいでみんなで一緒に写真を撮ったりとかいう気分にはとてもなれませんでした。

もちろん、私たちが日本人だからと言って、何かを言われたりされたりということはなかったのですけどね。

ここには戦争に関する色んな資料や写真を展示してある博物館もあるのですが、その中で見た一枚の写真だけは、今でも忘れることが出来ません。

それは、下半身が真っ黒に焼け焦げて地面に横たわっているアメリカ人の青年を、彼の頭寄りの方から写したものでした。

角度からして彼の顔は写っていなかったのですが、彼の額の感じや髪の毛の色が、どうしても主人と重なってしまったんです。主人自身は、「この写真の人は、俺より10歳近く若いと思うよ」とは言ってたんですけどね。

もし、主人が戦争に駆り出されて、こんな姿にされてしまったら・・・・。そう思い始めたら、しばらくその写真から目を離せませんでした。

実際自分の夫や息子をそういう目に遭わされた女性たちが、大勢いたんですよね。

この戦争によって、多くの人々が大切な家族を奪われたのは、日本人も同じこと。

IMG_9580.jpg

これは、日本軍が攻撃に使った人間魚雷「回天」です。

これに乗って、敵の戦艦に文字通り体当たりして死んでいった日本人の没時の平均年齢は21.5歳だとか。

ここパールハーバーだけでなく広島、長崎、そして鹿児島にある知覧特攻祈念館など、戦争がどれほど残酷なものかを伝える資料や写真は世界中にあふれています。

それなのに、この戦争から70年経った今なお、世界中のあちこちで戦争は起きている。

人間が存在する限り、戦争というものは無くならないのでしょうかね・・・・。

IMG_9585.jpg


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ハワイ旅行

またしても、広告が載るくらい放置してしまいました ^_^;

9月が始まって今週に到るまで、本当に忙しかった!その主な原因は、妹夫婦と一緒に行ったハワイ旅行、そして、その直前から旅行中にかけてアプローチを受けた会社での面接。

面接のことはまた後ほどゆっくり書くとして、今日はハワイ旅行について。

毎年この時期になるとポートランドに遊びに来てくれていた妹夫婦。今年は今までほど休みが取れないため、ほぼ一日かけてポートランドまでやって来るのは難しいとのこと。

でも、年に一度だけ4人で過ごせる時間は、私たちにとってとても大切なもの。

そこで、ハワイで落ち合えないかな?という妹たちの提案を受けて、行ってきました。

私にとっては15年ぶり、主人にとっては初めてのハワイ、それが私たち夫婦にとって一番の仲間である妹夫婦といっしょだったので、本当に楽しかった!

DSC00800.jpg

今回は、4人で2ベッドルームとバスルームも二つついているコンドを借りたのですが、コンド自体はかなり古かったものの、一応掃除はきちんとされていたし、何よりロケーションが最高でした。

と言うのも、27階にあるこのコンドからビーチまで、歩いてほんの3分ほど。もちろん、滞在中は何度もビーチに行きました。数年前に出来たばかりと言うビーチウォークと呼ばれる、ちょっとしたショッピングエリアも道を挟んで向かい側だったし。

バルコニーからの眺めも最高でした。

DSC00778.jpg

DSC00781.jpg

(ここまでの写真は、いつもかなりいい写真を撮ってくれる義弟くんによるもの。今回も、見るたびにその時々に見た風景や、その瞬間に感じていた気持ちが鮮明に思い出されるようないい写真を撮ってくれました。ありがと~!)

IMG_9535.jpg

ここから朝日や海、そして夜景を眺めながらみんなで飲むコーヒーやビールのおいしかったこと!

滞在期間が5日間と短かったので、結局ほとんどをワイキキエリアで過ごしたのですが、それでも充分楽しかったです。

朝早くに起きてビーチを散歩して、帰ってきて10時くらいにはビールを一杯。午後にはまたビーチに出て一泳ぎ。

それ以外にもショッピングを楽しんだり、みんなでバーに行ったり。

IMG_9665.jpg

そうそう、ハワイと言ったらマイタイは外せませんよね。

IMG_9774.jpg

ホテル・ハレクラニの屋外バーでは、マイタイを飲みながら、ハワイアンミュージックのライブ演奏を楽しんだり。

IMG_9850.jpg

あれ以来、すっかりハワイアンミュージックにはまっています。

と、こんな感じで本当に夢のような時間を過ごせたハワイ旅行、とてもとても一回では全部について書ききれないので、これから少しだけハワイ滞在記、おつきあいください。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。