スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

日本航空

今回の帰省では国際線と東京 - 鹿児島間は日本航空を使いました。

一連の騒動を考えると、日本航空に乗るのは、実を言えばちょっと不安だったし、家族からも、「何もこんな時に日本航空を使わなくても。」なんて言われていたのですが、全くの杞憂に終わりました。

日本航空、使ってよかったです。

まず、機内での映画サービス。私がいつも使うユナイテッド航空では、最近では「誰が見るの、こんな映画!?」と思うような映画しか上映していないので、必ず雑誌や文庫本を何冊か用意して乗り込まなければならないのですが、今回の日本航空の映画のセレクション、とても良かったです。

結局フライト中に3本も映画を見てしまい、ほとんど睡眠をとれませんでした・・・・ ^_^; 映画以外にも、日本のテレビ番組などもあったので、機内で読もうと思って持ち込んでいた雑誌や本は、読まずじまいでしたね。

ちなみに、日本行きの機内で私が見たのは、マイケル・ジャクソンの「This is it」、ジェニファー・アニストン主演の「Love Happens」、それからリチャード・ギア主演の「Hachi」。どれもこれも私が見たかった映画です。主人は「カールじいさんの空飛ぶ家(英語のタイトルはUp)」を楽しんで見ていました。

カナダ行きの便では、私はどうしても読みたい本と雑誌があったので、映画は見ませんでした。

次に機内食。これもまた、私がよく使うユナイテッド航空とは雲泥の差でした。

IMG_5948.jpg

この写真はうまく撮れていないのでちょっと信じがたいかもしれませんが、本当においしかったです。

アメリカと日本を行き来するようになって約13年、機内食をおいしいと感じたのは今回が初めてでした。以前全日空を使ったこともあるのですが、その時ですら機内食は可もなく不可もなく、という感じでした。

ただ、質はとても良かったのですが、量がちょっと少なめだったかな。後になって小腹が空いたので、自分で準備したおにぎりとかお菓子とかを少しつまみました。

飲み物のサービスも良かったし(ビールはキリン、アサヒ、サッポロの三種類ありました)、配られるお菓子もフィナンシェだったりと、これまたアメリカの航空会社とは大違い。それと、お腹が空いた人のためにちょっとしたスナックバーが設置されていて、おかきが置いてありました。

カナダ行きの便の機内食は、写真は撮り忘れたのですが、シーフードのあんかけ、スモークサーモンが添えられたポテトサラダ、煮物、という感じで、これもまたおいしかったです。

私が一番良かったと思ったのは、食事の後、しばらくしたらペットボトルのお水を配ってくれること。

機内は乾燥がすごいので、できれば常に自分の席に水を置いておきたいのですが、カップの水だとトイレに立ったりする時に不便ですよね。なので、このサービスはとても有難かったです。

ニュースで取りざたされていることを一切考えず、一航空会社のサービスとして感想を言うならば、とてもよかったと思います。フライトアテンダントさんたちの対応もすごく丁寧だったので、今のままのサービスを維持できるのなら、次回もぜひ、日本航空を使いたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。