スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

セントへレン山登山

今年の初めに鹿児島に帰省した時、こちらにまた帰ってくる飛行機の中からこんなにきれいに見えたセントへレン山、この山に先週末、登山に行ってきました。

IMG_6152.jpg

主人がですが。

主人の狩猟仲間が誘ってくれて、本当は私も誘われていたのですが、私は先週末も仕事だったし、それに何より色々調べてみると、この山での登山はなかなかハードだということがわかり、みんなの足を引っ張りたくなかったので、今回は泣く泣く諦めることに。

でも、主人が帰ってきて写真を見せてもらったら、彼の携帯で撮ったので画質はあまり良くなかったものの、普段の日常生活ではなかなか見ることができない素晴らしい景色ばかりだったので、こちらでもご紹介しようと思います。

まず、登山口から見上げるセントへレン山。

46441_143207355714681_100000762530260_198777_4435488_n.jpg

しばらくは普通の登山道とそう変わりない道が続くようですが、半分くらいから後は、ずっとこういう岩肌を登っていくようです。

IMG_20100828_110009.jpg

ロッククライミングほど大変ではないけど、でも、かなり気をつけて登らないと、もしここで滑り落ちたりしてしまったら、周りは岩だらけなので、間違いなく怪我をするだろうとのことでした。それと、ここを登るのは、かなり体力を要するようです。

そうして、たどり着いた頂上からの景色はこちら。

IMG_20100828_171252.jpg

クレーターから蒸気(?)が噴き出しているのがわかりますか?

IMG_20100828_171448.jpg

氷河の一部は、夏でも溶けずに残っています。

47683_428220837037_690057037_5556768_4159916_n.jpg

いっしょに登山した人の一人は、下山の時はこの上を滑り降りていましたよ

この日は山上でも本当にいい天気だったらしく、シアトル近郊にあるレーニア山も見えたようです。

IMG_20100828_174048.jpg

実はこの日、いっしょに行った主人の友達が途中でかなりへばってしまったり、またしまいには、足をくじいたりしてしまったため、予定より大幅に時間がかかり、朝9時半くらいから登山を始めたにも関わらず、最終的に彼らが下山したのは何と真夜中近くなってから。

家に帰って来た頃には、これ以上ないくらいくたくたに疲れていた彼ですが、あれほどの山を登りきったあとの疲労感は、かなり心地よいものだったようだし、頂上で過ごした時間は言葉ではなかなか言い表せないくらい素晴らしかったようです。

なので、来年は私もトレーニングを積んで、この山にチャレンジしようと思います。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。