スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

JavaOneカンファレンス その2

JavaOneカンファレンス1日目を終えて電話をかけてきた主人が最初に言ったのは、「風邪ひいたらしくて、すごく具合が悪いんだ・・・・・・・。」でした。その次の日も具合がすごく悪かったけど、何とかほぼ全てのセッションに参加し、ホテルに帰ったそうですが、その後もありとあらゆる風邪の症状を体験したとのこと。

急にこんなに具合が悪くなるなんて、今までなかったのにどうしてなんだろ~?と私も心配しながら首をひねっていたところ、何とノロウィルスが現地で大流行したとの緊急メールが主催者側から水曜日の夜中に来てたそうです。もちろん、うちの主人以外にも咳をしている人が、会場のあちこちにいたとか。

「もしこれが普通の仕事の日だったら、迷わず病欠してたところだった。来なきゃよかったと思ったよ。」というくらい具合が悪かったそうですが、何せ彼一人の参加料だけでも会社が1700ドル近くも払ったのですから、彼は歯をくいしばってほとんどのスケジュールを全部こなしたそうです。こんな時、サラリーマンはつらいですよね・・・・。

そんなうちの主人が死ぬ思いで参加したJavaOneカンファレンス、今年もJavaを最初に開発した人やGoogleのアーキテクト、Springの開発者などなど、私も普段本でしか名前を見ることがないような人たちがたくさん集まって、これから新しくリリースされるいろんなJavaのAPIやセキュリティ、その他いろんなJavaに関するトピックについての講演がたくさんあったそうです。

IDカードには、各個人が参加登録しているセッションの情報が埋め込まれているスマートカードがついていて、これを各会場の入り口でスキャンしないと中には入れないシステムになっていたとか。このスマートカードも、Javaで書かれているそうです。
IMG_0948.jpg

「何人くらいの人が参加してたの?」と聞くと、「最低でも1万人はいたと思うよ。」と言うので、「ま~た、いい加減なこと言って・・・。」と思ってたら、本当だったみたいです。このイベント、全米からだけではなく、他の国から参加する人たちも大勢いるみたいです。

この写真を撮った主人は、写真の右側の列にいるのですが、この右側の列が写真の奥までずっと続いて、それから折りかえって写真の左側の列まで続いているそうです。これみんな、同じセッションに参加する人たちなんですって。
IMG_0856.jpg

カンファレンス1日目は、何と歌手のニール・ヤングが登場。彼の最新アルバムはBlu-rayディスクらしいのですが、Blu-rayのAPIはJavaで書かれているからですね。
IMG_0866.jpg

参加するセッションがない人たちのために、会場となった建物のあちこちで映画やテレビ番組を上映。
IMG_0884.jpg

IMG_0910.jpg

これ、気持ち良さそう。私も座ってみたい・・・・。

で、実際の講演はほとんどこんな感じ。
IMG_0908.jpg

みなさん、真剣な顔してますね。

イベント会場です。
IMG_0887.jpg

木曜日の夜は、AFTER DARKと言うイベントがあり、ロックバンドのSmash mouthのライブなどもあったらしいのですが、その時もまだ具合が悪かった主人は、早々にホテルに帰ってきたそうです。

とまあ、運悪く主人は最悪のコンディションで参加しなければならなかったJavaOneカンファレンスですが、やはり学ぶことは多かったと言ってました。

いつか私もプログラマーになって、上司に、「ながこ、今年は君にJavaOneに行ってもらいたい。」な~んて言われる日が来るよう頑張りまっす!


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

COMMENTS

はじめまして^^
おじゃましちゃいました^^;

よければ私のblogものぞいてくださいね (^^♪

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。