スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

エレファンツ・デリカテッセン

日曜日はまた雨のポートランドに戻ってしまいましたが、土曜日はまだかろうじていいお天気でした。

8月の登山に向けてまた2時間ほどハイキングした後、何年かぶりにエレファンツ・デリカテッセン(Elephants Delicatessen)に行ってきました。

一応デリと名乗ってはいるものの、中に入ればお惣菜だけでなく数々のチーズにワインやビールも売ってるし、ちょっとしたバーもあれば、色んな雑貨も置いている、かなり盛りだくさんのお店です。

IMG_0457.jpg

IMG_0438.jpg

IMG_0448.jpg

IMG_0447.jpg

数々のお惣菜やパンが目移りしてしまって選べなくなるくらい、どれもこれもおいしそうでした。

IMG_0437.jpg

IMG_0455.jpg


そして、私たちがオーダーしたのがこちら。

IMG_0442.jpg

まずは、モヒート。最近はまってます(笑)。ハイキングで喉がからからに渇いている時にお日様の下で飲むモヒートは、最高においしかった!

そして、ここに行ったらぜひオーダーして欲しいのが、これ。

IMG_0443.jpg

Grilled Portobella Reubenというサンドイッチとガーリック・フライです。

グリルで焼いたポータベラというきのことザワークラウト、それに種類はわかりませんがとろっと溶けたチーズをはさんだサンドイッチ。一口食べたら、濃厚な味が口の中一杯に広がりました。

ガーリック・フライも初めてでしたが、にんにくの風味がポテトフライとよく合って、とても美味でした。かなりの量のにんにくを使っているので、特にお仕事をされている方は平日に食べるのはあんまりお勧めしませんが・・・・ ^_^;

モヒートといっしょにちょっとだけ何か食べたくて、適当に選んだだけだったのに、両方とも大当たりでした!


どちらも一つずつオーダーして二人で分けて食べたけど、カロリー的には2時間のハイキングを無効にしてしまいましたよね、きっと・・・・

ま、でも、とてもおいしい発見だったので、よしとしましょう


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

アンティークショップでアフタヌーンティー

先日、隣町のビーバートンにあるTea Thyme & Lavenderというアンティークショップでアフタヌーンティーを楽しんできました。

ポートランドでアンティークショップと言えば、サウスイーストにあるセルウッド(Sellwood)という所が有名なのですが、サウスウェストにあり、しかもアフタヌーンティーをやっていると聞いたので、「どんなお店だろう?」と思いながら行ってみたら、予想以上に素敵なお店でした。

IMG_0325.jpg

IMG_0327.jpg

そして、今回私たちがアフタヌーンティーを頂いたのは、女性だったら誰でもわくわくするような空間でした。

IMG_0328.jpg

お茶と一緒に頂いたメニューは、ちょっとしたサラダ、キッシュ、そして、この日は特別にデザートに一口大のケーキを三種類、それからトリュフ。

IMG_0320.jpg

IMG_0324.jpg

普段のデザートは三種類あるケーキの中から一つ選ばないといけないらしいのですが、今回は私たちのイベントのために、特別に全部の種類を一口サイズで出して下さったそうです。

ちなみに、こちらのオーナーさんはフランス人の女性で、サラダのドレッシングは「自家製の本物フレンチドレッシングよ!」とウィンクしながら話していたのがとてもチャーミングでした。

私はどちらかと言うと、フルーツ系やフローラルな香りがするいわゆるフレーバー・ティーはあまり好きじゃないのですが、ここのマンゴー・ティーは本当にいい香りでおいしかった!何杯もお代わりしてしまいました。

いつもは外食と言うとついアルコールに手が出てしまいがちですが、たまにはこうやって本当においしいお茶を頂くのも悪くないですね。

さて、今回のこのイベントは、最近加入させて頂いたポートランド・ジャパン・ガールズというグループによるもの。

ポートランドに来てまだ間もないというとても素敵な二人の女性が、ポートランド在住の日本人女性用のコミュニティを作ろうと立ち上げたグループで、毎月とても楽しいイベントを企画して下さっています。

フェイスブックで繋がっている何人かの友達が加入したのを見て、これは色んな人と知り合えるチャンスかも!と参加させてもらったのですが、これまでイベントの日程と自分の都合がなかなか合わず、今回ようやく参加することが出来ました。

グループの中には既に何人かの友達がいるにも関わらず、今回のイベントにはその中から誰も参加していなかったので実は最初は参加するのを迷ったのですが、「いつまでもそんなことを言っていたら、新しい友達なんて出来ない!」と自分を奮い立たせて行ってみたら、結果、行ってほんっとーによかったです。

まあ、行ってみたらかなり久しぶりに会うお友達も来ていたというのもあるのですが、グループの主催者お二人を始め、他のみなさんもとてもいい方たちばかりで、参加する前の緊張がうそのように、かなり楽しい時間を過ごすことが出来ました。

主催者のうちのお一人が、今回車がなくて市電で行った私を、わざわざ最寄りの駅まで迎えに来て下さったことも、とても有難かった。

誰も知ってる人がいないイベントに一人で参加するなんて、普段の自分からするとちょっと考えられないことでしたが、たまには自分の苦手とすることをちょっと無理してでもやってみるのも悪くないかも、と思った土曜日の午後でした。



ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

ワシントン州東部のワイン王国

少し前の週末、ワシントン州東部のある町に住んでいる長年の友人夫婦、クリスとジョアンに会いに行ってきました。

4年ほど前に立て続けに大きな病気をして命の危機にさらされたジョアンとその家族、彼女が何度目かの手術を終えた後もとても大変そうだったので、しばらく連絡をとるのを控えていたのですが、フェイスブックのおかげでまた繋がることが出来、ようやく再会することが出来ました。

私たち夫婦と同じくらい、いえおそらく私たちよりもっと筋金入りのワイン・フリークなこの夫婦、自宅がある町からそう遠くない所にある数々のワイナリーの会員になっているらしく、ひとしきりお互いの近況報告をした後、ワイナリー巡りに連れて行ってくれました。

素晴らしい天気に恵まれた土曜日の午後、「テイスティングルームがすごく素敵なのよ~!」と最初に向かったのがこちら。

IMG_0256.jpg

デザート・ウィンド・ワイナリー(Desert Wind Winery)です。

IMG_0263.jpg

こちらは、同じく数々のワイナリーで有名な町、ダンディー(Dundee)にあるダック・ポンド(Duck Pond)と同じオーナー所有だそうです。

このドアを開けて、中に入ってみると、

IMG_0258.jpg

とにかく、広い!テイスティングルーム兼ワイン関連の雑貨屋さんという感じでした。照明がちょっと暗くて写真を撮れなかったのですが、この反対側にはレストランも併設されています。

IMG_0260.jpg

IMG_0262.jpg

私が何より心を奪われてしまったのが、こちら。

IMG_0259.jpg

テイスティングルームのすぐ外にあるパティオです。

本当にいい天気で暖かい日だったので、ここで買ったワインを開けて楽しんでいる人たちもいました。

ここは何とホテルも併設しているので、今年はぜひ泊まりに行ってみようと思います。周りは本当に何もない所だけど、それが逆にいい!

チェックインした後に、早速ワインのテイスティングをして、気に入ったワインを買い、それをこのパティオで本を読んだりおしゃべりしたりしながらゆっくり飲む。

もしくは近くのワイナリーまで足を延ばしてもいいし。う~ん、最高の休日ですね。

次に向かったのがこちら。

2012-04-07 16.03.07

マーサー・ワイン・エステート(Mercer Wine Estate)です。

2012-04-07 16.03.49

この日はそんなに混みあってなかったからかもしれませんが、ここはとてもリラックスした雰囲気だったのが本当に良かった。

今まで行ったことのあるワイナリーの中にはちょっとお高くとまっている雰囲気の所もあって、何となく居心地の悪い思いをしたこともあるのですが、ここは場所も心地良かったし、スタッフの方々もとても気さくでした。

ワイン貯蔵庫も見せてくれました。

2012-04-07 16.26.31

一歩足を踏み入れた途端に、ふわあっとワインのとてもいい香りに包まれます。ここで暮らしたいです、私(笑)。

色々テイスティングした中で特においしかったメルローを買って、ここを後にしました。

次に連れて行ってもらったのは、写真は撮れなかったのですが、ブックウォルター・ワイナリー(Bookwalter Winery)。

ここのテイスティングルームにもレストランがあるので、ちょうど夕食時だったこともあり、ここでディナーを食べました。

何年かぶりに会えた友人たちと頂くおいしいワインにおいしい食事。これ以上ない至福な時だ~と思っていたら、何とさらに音楽のライブ演奏まで!

ポートランド近辺にもたくさんの有名なワイナリーがありますが、ワシントン州東部にもここ数年本当にたくさんのワイナリーが出来てきています。

すっかり元気になったジョアンを見れて、彼女たちと午後いっぱいおいしいワインを心ゆくまで堪能した幸せな一日でした。

この辺りは主人のお母さんとステップファザー、ジョンが住んでいるペンデルトンからもそう遠くないので、実はこの週末はペンデルトンにも寄って、約11年会っていなかった主人の高校時代の友達にも会ってきました。

そして、もちろん主人のお母さんとジョンとも久しぶりにいっしょに時間を過ごしてきたのですが、たった一晩しか泊まらないのに、「ながこ、ジン買っといたよ」と、ボンベイ・サファイアのデカイ瓶を持ち出してきてくれたジョン、最高です

家族や旧友たちに会いに行くために東オレゴン州や東ワシントン州を駆け回ってきた、ある春の週末でした。

sakura.jpg

IMG_0239.jpg

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

初フラメンコ

帰省について書いている途中なのですが。

最近知り合ったお友達に誘われて、人生初フラメンコのライブパフォーマンスを見てきました。

flamenco.jpg

きっとフラッシュを焚きながらの写真撮影は禁止だろうと思って、デジカメも持って行かなかったのですが、お友達がアイフォンで撮ってくれました。

昔自分でもダンスをやっていたので、今でも色んな種類のダンスを見るのが好きなのですが、最初に音楽無しでダンスが始まった時は、正直言って少し奇妙な感じがしました。

でも、ほんの少ししたら、あっという間にフラメンコの世界に引き込まれてしまっている自分がいました。

今までは、勝手なイメージですが、フラメンコってほとばしるような情熱のダンスだと思っていました。でも、今日見たのは、どちらかと言うと静かな情熱、でも、一旦それに触れてしまうとそれから目をそらせない、そんな感じでした。

かと思えば、ちょっと大げさにセクシーな動きをして笑いを誘ってみたり、男性と女性のダンサーそれぞれが暗闇の中で、お互いを懐中電灯で照らしながらのパフォーマンスがあったり。

終盤には、観客の中にいたフラメンコダンサーたちを引っ張り出してきたり。

迫力のダンスシーンあり、アイデアを凝らした場面あり、はたまた楽しく踊る場面ありの、とにかく素晴らしいパフォーマンスでした。

フラメンコに関しては全く何も知らない私の意見ですが、もしかしたらフラメンコって人生の色んな要素、情熱、感情、エネルギー、そして何より人生を楽しむということを凝縮したダンスなのかなと思いました。

もし、機会に恵まれたら、ぜひぜひ見に行かれることをおすすめします。


ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ

テクニーク・レストラン

世界的に有名な料理学校ル・コルドン・ブルー、ポートランド校の生徒さんが作るお料理を食べさせてくれるテクニーク・レストラン(Technique restaurant)に、先日ようやく行ってきました。

多数のポートランド在住のブロガーさんたちがこのレストランについて書いていたのを読んでいたので、いつか行ってみたいと思っていたのですが、平日しかオープンしていないため、なかなか行く機会に恵まれませんでした。

それが、今回の転職先がこのレストランのすぐ近くだったため、先日お友達がランチに誘ってくれた時にこれはチャンスかも!とこのレストランを提案してみたところ、彼女も行ってみたかったとのことだったので、早速行ってきました。

ランチでは10ドルで前菜、メイン、デザートのコース料理、ディナーだとこのコース以外に15ドルで2つの前菜、メイン、デザートのコースもあるこのレストラン、ディナーは結構予約が詰まっているようですが、ランチは2日ほど前でも簡単に予約がとれました。

私がオーダーしたのは、こちら。まずは、前菜にルッコラとグリル焼きしたフルーツのサラダ。

IMG_0150.jpg

普段はどちらかというと、フルーツは生のままが一番おいしいと思っている方なのですが、グリルで焼いてもフルーツ本来の味や食感が損なわれずとてもおいしい!ちょっと嬉しい発見でした。

メインは、白身魚にクリームソースとコーンや野菜のソテーを添えたもの。

IMG_0151.jpg

お魚にちょっと塩が効きすぎでしたが、でも、外側はぱりっと、そして、中はしっとりとやわらかく焼きあがっていて、なかなかおいしかったです。

そして、私たちのテーブルを担当してくれたシェフ見習いの女の子が薦めてくれたデザート。

IMG_0152.jpg

カラメル味のムース(だったと思います)の上に生クリームを載せたもの。

こちらもなかなかおいしかったのですが、実を言えばデザートにたどり着いた頃にはお腹いっぱいだったし、さらに二人でワインのボトルを一本空けたり、おしゃべりに夢中だったりで、詳しい味は正直言って覚えてません ^_^; でも、アメリカのデザートにありがちな甘すぎるということはなかったと思います。

この日は、このレストランを担当する生徒さんのグループが新しいローテーションに変わったばかりだったらしく、最初に飲み物のオーダーを取りに来てくれた時に多少時間がかかったり、まごついたりしているようでしたが、後はちゃんと終始フレンドリーに対応してくれました。

わざわざワインをつぐために、何度もテーブルに来てくれたりもしてくれたし。

レストラン内の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、特に凝った飾りつけなどをしているわけでもなく、どちらかというとシンプルな内装で、清潔な感じのするレストランでした。テーブルの数も割と多かったけど、隣とのスペースは充分にあるので、私はリラックスして食事を楽しむことが出来ました。

飛びぬけておいしい!とか、斬新なお料理が出てくるというわけではないけれど、10ドル、または15ドルでちゃんとしたコース料理が楽しめるならとても安いと思うし、味も普通においしかったので、また近いうちに行きたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると嬉しいです♪
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。